Redshiftでカラムの属性を変更する場合、一旦別名で変更後の属性でカラムを作った後、リネームして既存カラムと置き換える必要があります。

下記の例ではtable_nameというテーブルに対して、column_nameというカラムのデフォルト値を変更していますが、デフォルト値以外の変更も基本同じような対応で可能です。

column_name_tmpというカラム名で新しいカラムデフォルト値を設定する。
ALTER TABLE table_name ADD COLUMN column_name_tmp VARCHAR(20) DEFAULT 'new_default_value';
既存カラム (column_name) の値を先ほど作成したcolumn_name_tmpにコピーする。
UPDATE table_name SET column_name_tmp = column_name;
既存カラムを削除する。
ALTER TABLE table_name DROP COLUMN column_name CASCADE;
新しく作成したカラムを既存カラム名にリネームする。
ALTER TABLE table_name RENAME COLUMN column_name_tmp TO column_name;
旧のデフォルト値で入っていたデータの更新
UPDATE table_name SET column_name = 'new_default_value' WHERE column_name = 'old_default_value';
権限がリセットされてしまった場合はつけ直す
-- user_nameに対してtable_nameテーブルの全操作を許可
grant all privileges on table_name TO user_name;
-- 確認
\z